福岡市中央区那の津の貸し倉庫(貸倉庫)│トランクルーム福岡

トランクルーム福岡

HOME | 詳細 | 貸し倉庫

業務用の貸し倉庫並みの設備と使いやすさ

広い駐車場と専用エレベーターで各倉庫までストレスなく使用できます。

現在のトランクルームの多くは既存の建物を利用した施設がその大半を占めています。したがって物を出し入れする場合、搬入口に段差があったり、エレベーターが小型で大型の家具が搬入できないこともあります。
営業倉庫として登録している「トランクルーム福岡」は前面の駐車場幅を16m確保。普通車から大型車まで出し入れが可能です。室内環境は空調設備を整え湿度管理も万全です。お問い合わせで一番多いご質問はカビ対策です。
よくある一般的な倉庫は空調などの設備も整っておらす梅雨時期のカビ発生のリスクが高まります。劣悪な環境下では数日でカビは発生してしまいます。トランクルーム福岡は貸し倉庫業として年間を通して一定の温度・湿度を保てる様取り組んでいます。

福岡市中央区の貸し倉庫「トランクルーム福岡」
福岡市中央区の貸し倉庫「トランクルーム福岡」

福岡市中央区那の津に位置する
「トランクルーム福岡」の優位性

天神・博多に隣接した好条件

トランクルーム福岡の最大の利点は天神・博多区からのアプローチがしやすく福岡都市高速「天神北インター」からわずか1分で来れます。フェリーの国際線ターミナルやマリンメッセ・サンパレス・国際展示場なども湾岸線から数分の位置にあるためあらゆる物流商品の中継基地としてもご利用いただけます

福岡市中央区の貸し倉庫「トランクルーム福岡」

【トランクルーム福岡】は国土交通省令の基準に適合した倉庫です。

 
 

倉庫業者によるサービスの歴史

昭和6年に倉庫業者がトランクルームを開設したのが始まりとされています。 昭和50年代に倉庫会社などによる個人消費者を対象とした保管業務を行うサービスが首都圏を中心に広がりました。しかしその頃は施設に関する基準や法令といった物はなく、業者主体で取り決めがおこなわれていました。やがて、普及に伴い倉庫会社と消費者との間でのトラブルも続出し、1986年5月に標準トランクルームサービス約款が告示され、同年8月より実施されたのが始まりです。 
また2001年6月には倉庫業法が一部改訂され、「優良なトランクルームを国が認定する制度の創設」「倉庫業者以外の者(不動産賃貸業者など)による消費者を誤認させる行為の禁止」などが盛り込まれ今の倉庫業界の根本が作られて行きました。
 
「トランクルーム福岡」は現行法に基づく基準をクリアして営業を行う「倉庫業者」となります。
 

非届け出倉庫業者が運営するトランクルームとの違い

①荷物の搬入搬出時には受付があります。
 
②持ち込みや内容物に基準があります
約款に基づく寄託物預かりとなります。危険物等の持ち込みをさせない為です
 
③耐火基準が設けられています
倉庫内の火災や近隣火災時における延焼をさせない消防法に基づく防災基準です
 
④多重セキュリティー
カードや鍵を複数にすることで万が一鍵を盗難された場合でも不正使用を受付で未然に防ぐことが出来ます。
 
⑤倉庫のドアは管理者が持つ鍵とのダブルロックシステムです。
貸金庫の様なセキュリティーを目指します。利便性に悪い印象を与えがちですが、大切な荷物だからこそ重視したシステムです。
 
⑥寄託物には火災保険、盗難保険など充実した保証制度を付加しています。

 福岡市中央区那の津4丁目4-20

トランクルーム福岡の倉庫としての特徴

ビル1棟全て貸倉庫(貸し倉庫)

福岡市中央区那の津にビル1棟全てが倉庫(貸し倉庫)のトランクルームを運営しています。平成31年2月にオープンした新しいコンセプトの貸し倉(貸倉庫)です。一般の方はもとよりビジネス用としての倉庫として安心してご利用頂ける福岡市中央区では初めての災害に強い貸倉庫(貸倉庫)です